冠婚葬祭での男女別の子供の服装

冠婚葬祭でも特に、葬儀や告別式は予告なく急に参列しなければならないというのが普通です。大人なら、礼服のひとつも揃えていることが多いですが、すぐにサイズアウトしてしまう子供の礼服を揃えている家庭は少ないでしょう。学校や幼稚園・保育園で制服がある場合は、礼服代わりになるのでそれを利用します。制服のリボンなどが赤だったりして気になるときは外します。
制服がない場合、どんな服装で参列させればマナー違反にならないでしょう。まず、基本的に白と黒でまとめることです。配分も黒を多めにします。気をつけるのは、色はもちろんですが、あまりに袖口などが薄汚れていたり、毛玉だらけになっているようなものは、失礼なので避けます。そして、夏でも必ず靴下をはくようにします。できれば黒がいいでしょう。
また制服でもそうでない場合も、シャツやタンクトップ、キャミソールなどの肌着を着用させましょう。靴は子供ならローファーでもいいでしょう。スニーカーでもいいですが、白や紺色などにしましょう。小さい子もスニーカーでOKですが、光るものや音が出るものは避けます。肌着は、普段着なれないと、子供が嫌がる場合もあるかも知れませんが、TPOを身に付けるいい機会です。遺族に対する心遣いなどを教えていきましょう。
肌着も着ると、季節によっては暑くなったりして小さい子供だとぐずってしまうかも知れません。素材やデザインは肌の露出が多くなりすぎない範囲で、あまり暑苦しくないものを選び、動きやすい服装がいいでしょう。

冠婚葬祭の子供の服装、こんなところに注意

冠婚葬祭の服装、特に葬儀・告別式では服装や小物に気をつかいます。大人はもちろん、子供の服装も、故人や遺族の方々に失礼にあたらないようにマナーを守りたいものです。制服がない場合の、男の子・女の子それぞれ、どんな服を選べば良いか、見ていきましょう。

靴やバッグなど小物のマナー

服装に気をつけても、靴やバッグなどの小物でマナー違反をしがちです。大人も子供も気をつけなければいけない葬儀・告別式の小物のマナーをご紹介します。また、回を重ねるごとに簡略化していく法事の場合はどうでしょうか。葬儀・告別式と違う点を見ていきましょう。

結婚式の子供の服装・マナー

冠婚葬祭と言えば、葬儀や告別式だけではありません。結婚式に招待されたり、身内の結婚式に参列することもあるでしょう。この場合も制服があればそれで済みますが、無い場合、晴れやかな式では子供にどんな服装をさせればよいでしょう。子供だから何でもいいわけではないので、服装のマナーを押さえておきましょう。

おすすめリンク

格安家族葬、生前契約も多い

格安家族葬を選ぶ人が急増!安心できるプラン内容になっているので生前契約される事もあります。