冠婚葬祭の子供の服装、こんなところに注意

女の子はワンピースなどがベスト

女の子の場合、黒や紺、ダークグレイなどの押さえた色とデザインの、ワンピースやジャンパースカートが良いでしょう。スカートやジャンパースカートの時に着るブラウスは白で構いません。サテンなど光る素材は避けますが、小さい子ならレースなどの装飾は少しはいいでしょう。
子供は半袖でも構いませんが、参列の際にはカーディガンなどを着用すると安心です。足元ですが、サンダルはNGです。ローファーや地味な色のスニーカーでもいいですが、くるぶし丈のソックスや、反対に膝より長い二―ソックスやタイツなどもやめておきましょう。
髪の毛は結んだり、きちんとした印象のスタイルにして、ヘアアクセサリーは付けないか、付けても黒にしておきます。

男の子は白シャツにズボン、ベストなどで

男の子の場合、白シャツとズボンにベストなどがいいでしょう。白のポロシャツでもいいでしょう。ズボンの色は光沢のない素材の黒か紺、ダークグレーなど押さえた色にします。ベストやジャケットも地味な色と素材を選びます。ポケットチーフは外し、ネクタイは黒を選びます。靴は革靴のほか、ローファー、地味な色のスニーカーでもいいですが汚れは落としておきましょう。靴下はやはり黒か白の無地のものにします。夏は半ズボンでもよいでしょう。
そして、乳幼児の場合ですが、黒の服はなかなか揃えるのが難しいものです。あまり汚れのひどくない白の衣服やおくるみを選びましょう。せめて、薄い色のものにします。そして、赤ちゃんが泣いたりしたらすぐに席を立てるように、端のほうに座るようにしましょう。